ある本がない? ない本がある!

 オンライン書店おおはやりの昨今ですが、それでもカバーし切れるものではありません。アマゾンやe-hon、紀伊國屋書店などにも紹介されていなかったり、あるいは不扱い・絶版になっていたりする本がまだいっぱいあります。このホームページはそんな埋もれそうな小さな出版社を紹介してゆくものです。ひょっとしたら、探していた本に巡り会えるかも。

 「本屋に本が並ばない」「インターネット書店からも厄介者扱い」……それでもほしい人はおり、求められているものがあるのではないのか。
 出版伏流水「山椒の会」は一人ないしそれに近い形で出版をしている零細出版社の“案内窓口”です。本を探している貴方とそうした出版社との縁結びを願って立ち上げました。読者や出版者が自由に発言し交流できる伝言板「かきかき」も用意しました。せいぜいご利用下さい。

地方出版に未来はあるのか
「死ぬまで出版で狂っていたい」

−静岡大学での講演
※講演の内容はpdfでご覧下さい。
「山椒の会」とは 参加出版社の紹介 伝言板「かきかき」